アスピリン(あすぴりん)|用語集

医療に関する業界の専門用語等、意味をわかりやすいように解説した用語集・辞典です。外科・整形外科等の病院に関する用語について紹介しています。ご自由にお役立て下さい。

アスピリン(あすぴりん)

鎮痛目的や解熱剤として幅広く用いられることが多い。元はアセチルサリチル酸。ドイツのバイエル社の商標名アスピリンが日本では正式名称となっている。

肩こりの原因と解消法
知られざる医療白衣
全国の内科・小児科を検索
入院費用・準備について
医療資格を取る
医療施設・病院で働く