アザラシ肢症(あざらしししょう)|用語集

医療に関する業界の専門用語等、意味をわかりやすいように解説した用語集・辞典です。外科・整形外科等の病院に関する用語について紹介しています。ご自由にお役立て下さい。

アザラシ肢症(あざらしししょう)

先天性疾患のひとつで、四肢の長骨が短いまたはない症状。
原因はサリドマイド事件の薬害ではないかと見られている。サリドマイドは快眠および胃腸薬として世界各地で幅広く普及した。日本でも昭和33年頃に普及。その後、妊婦が長期投与したことによる奇形児の症例が出たことで薬害として知れ渡ることとなった。しかし現在においても原因となる医学的な根拠は発見されていない。

肩こりの原因と解消法
知られざる医療白衣
全国の内科・小児科を検索
入院費用・準備について
医療資格を取る
医療施設・病院で働く