胃形成術(いけいせいじゅつ)|用語集

医療に関する業界の専門用語等、意味をわかりやすいように解説した用語集・辞典です。外科・整形外科等の病院に関する用語について紹介しています。ご自由にお役立て下さい。

胃形成術(いけいせいじゅつ)

胃の上部の一部を遮断するなどして、新たに小さな胃袋を作りだす手術のこと。
胃を小さくすることで、食べたものがすぐに貯まるので、減量の効果が見込める。ただし、栄養障害の副作用で、脱毛症状なども報告されている。

肩こりの原因と解消法
知られざる医療白衣
全国の内科・小児科を検索
入院費用・準備について
医療資格を取る
医療施設・病院で働く