人間ドックは保険適用になるのか?

人間ドックは保険適用になるのか?

▼ 人間ドックとは?

定期的に病院や診療所に赴き 身体の各部位に異常がないかを検査すること

人間ドックとは?

普段は症状やきっかけが見られないような、気がつきにくい疾患や臓器の異常を精密に検査します。

人間ドックの「ドック」は、船舶を点検したり、修理・修繕したりする船渠(せんきよ)の英語「dock」に由来しています。

人間ドック→ ○(正 人間ドッグ→ ×(誤

一般的に人間ドックは、人間ドックを専門とする病院や診療所で受けることができます。

人間ドックで異常が見つかりやすいといわれている項目は、肝機能障害、高コレステロール、肥満、腎・膀胱疾患、高中性脂肪などがあります。

スポンサーリンク

▼ 保険適用になるの?

保険適用になるの?

日本における人間ドックは労働基準法、労働安全衛生法で定められている健康診断に含まれます。

人間ドックや健康診断、検査を目的とした入院などは、病気や怪我のような治療目的ではないため、医療保険の対象にはなりません

医療保険の対象ではないものの、健康保険組合に加入しており、条件を満たしていれば、一部を負担してくれることもあります。

※健康保険組合の条件や負担額は、それぞれ加入している組合を確認ください。

▼ 検査項目一覧

検査項目一覧

検査項目は、各医療機関により異なる場合があります。

また、検査時間は半日から1日・2日が一般的ですが、オプションで検査項目を追加した場合や、診療機関によっては、1週間かかるときもあります。

※下記の検査項目表は一例として掲載しています

説明 問診・聴打診
身体測定 身長・体重・体脂肪率・内臓脂肪CT計測・骨密度測定
心肺機能 心電図・血圧・肺機能・動脈硬化検査・心臓超音波
視力測定 眼圧・眼底検査
聴力測定 聴力
X線検査 胸部X線検査・肺癌ヘリカルCT検査・腹部X線検査・乳がんマンモグラフィー検査
超音波検査 腹部超音波検査・乳がん超音波検査
胃や大腸の検査 上部消化管内視鏡検査・下部消化管内視鏡検査
血液検査 白血球数・赤血球数・血小板数・血液型・ヘモグロビン(血色素)量・ヘマトクリット・平均赤血球容積・平均赤血球血色素量・平均赤血球血色素濃度
血清 HBs抗原(急性肝炎の確認)・RPRやTPLA(梅毒の確認)・C反応性蛋白(感染症や腫瘍などの確認)・リウマトイド因子(関節リウマチや感染症などの確認)・ヘリコバクターピロリ菌抗体検査・C型肝炎ウイルス検査
尿検査および便検査 蛋白定量・糖定量・ウロビリノーゲン・尿潜血反応・尿比重・尿沈査・便潜血
がん検査各種 前立腺特異抗原・乳がん視触診検査・子宮がん検査
凝固・線溶 プロトロンビン時間・活性化部分トロンボプラスチン時間・フィブリノーゲン・繊維素分解産物
脳・頸動脈 核磁気共鳴画像法・磁気共鳴血管画像・PET(糖代謝レベルの観察によるがん検査)
スポンサーリンク
医療資格を取る
医療施設・病院で働く