早起きの運動は体に良い?悪い?

早起きの運動は体に良い?悪い?

▼ 寝起き運動のリスク

寝起き運動のリスク

人間の「からだ」は、睡眠から目覚めたときには、血管が収縮しており、血流が少ない状態です。

この状態で、突然運動をしてしまうと、収縮した血管に大量の血が流れ込むため、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしてしまう恐れもあります。

また、血流が少ない状態(睡眠中)は体温が下がっていますので、筋肉も固い状態です。
そこへ無理な運動をすることは、筋肉を傷める原因にもつながります。

血管の収縮は、およそ30分程度で正常な状態に戻ると言われています。
この時間は、体を動かすとしても筋肉をほぐすような軽いストレッチが良いでしょう。

スポンサーリンク

▼ 運動に適した時間は?

運動に適した時間は?

朝活のように、早朝仕事や学校の前に運動をする人が増えていますが、起きてからすぐの激しい運動や、長時間の運動は避けた方が良いでしょう。

また、夜中の運動は交感神経を活発化させてしまい、眠れなくなる場合もあります。

運動をするのに最も適した時間は、エネルギーの代謝やホルモン分泌などが活発になるお昼時や夕方が理想です。

朝の時間に運動をする人は、激しい運動をするよりも軽く汗を流す程度に体を動かして、昼休みや夕方の時間に十分な運動をすることが効果的です。

▼ 生活スタイルに合わせた運動を心がけよう

生活スタイルに合わせた運動を心がけよう

早起きの運動は体に良いとされていますが、目覚めてから30分程度空けたり、運動量をコントロールしたりする必要があります。

また、起きる前の十分な睡眠ができていないと、運動中の事故にもつながります。

運動をすること自体は体に良いことですので、自分の生活スタイルに合わせた中で、無理のない運動を心がけましょう。

スポンサーリンク
医療資格を取る
医療施設・病院で働く