大腸がん

▼ 大腸がんの特徴と症状

大腸がんとは、大腸(盲腸、結腸、直腸)に発生する悪性腫瘍のことです。

日本人は、S状結腸と直腸にがんができやすいといわれております。大腸がんの多くは「腺腫」という良性腫瘍が悪性化して発生します。定期的に検診を行い、腺腫が発見されたら、その時点で切除してしまえば大腸がんを予防することができます。

腺腫の多くは、ポリープと呼ばれる大腸粘膜に隆起するもので、大腸内視鏡で観察しながら切除することができます。

大腸がんの特徴は、身体に異変を感じることが殆どなく、健康診断や人間ドックでわずかに血便が伴うことがある程度です。

患者さんの多くは、50〜75歳の年齢が多いです。発生頻度に関しては、高齢の方ほど高くなります。男女別では女性が1に対し、男性が1.6倍あり、男性に多く発症します。

大腸がんの症状は、見た目にはほとんどわかりません。しかし、進行してしまうと血便(便に血が混じる)や下血(肛門から出血する)に加え、便秘や下痢の症状が見られます。
痔核の症状にも似ていることが特徴です。

▼ 大腸がんと食事の関係

大腸がんの原因は、食生活が密接に関係しているといわれております。

近年、大腸がん患者が増えており、大腸がんによる死亡者数は、ここ20年で1.5倍にも増加しております。その理由として、欧米化した食生活からくるものと考えられております。


大腸がんのリスクを高める食物としては、動物性高脂肪、高たんぱくなもの、繊維食の不足などもあるといわれています。直腸がんでは、ビールがリスクを高めるという報告もあります。
また、肥満も大腸がんの原因にかかわるものとされており、食生活の乱れや、不規則な生活習慣が引き金になる恐れがあります。

▼ がん検診は定期的に受診しましょう

ひと昔前には「不治の病」と言われていた「がん」ですが、早期発見することで、医療技術の進歩により、完治する病気になりました。

大腸がん検診は、まず問診と血便を調べる便潜血検査を行います。ここで異常が見られたら、精密検査を行います。

便潜血検査では、目に見えないわずかな出血も検知することが可能です。便潜血検査を受けることで、がん検診の中でも最も死亡率が下がる事が証明されているため、定期的に検診するようにしましょう。

✓ がん検診の目的

がんを早期に発見し、適切な治療を行うことによりがん死亡率を減らすこと

症状のないうちに行うことが大切です。

自宅で仮に血便が出たときは、痔と判断してしまうことが非常に危険です。このような場合、まずは肛門科や大腸専門の医師に相談しましょう。

お役立ち情報「肛門科」はこちら
肛門科は外科の一分野として扱われており、外科医が肛門科の診療を兼任することもあります。

便潜血検査は、大腸がん検診を受けられる病院やクリニックまたは、各市区町村でも定期的に行われている場合がありますので、定期的に受けるようにしましょう。

都道府県から肛門科を探す
北海道・東北 北海道  青森県  岩手県  宮城県  秋田県  山形県  福島県
関東 東京都  神奈川県  埼玉県  千葉県  茨城県  栃木県  群馬県  山梨県
甲信越 新潟県  富山県  石川県  福井県  長野県
東海 岐阜県  静岡県  愛知県  三重県
近畿 滋賀県  京都府  大阪府  兵庫県  奈良県  和歌山県
中国・四国 鳥取県  島根県  岡山県  広島県  山口県  徳島県 高知県  香川県  愛媛県
九州・沖縄 福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県  
▼ がんのリスクを避ける

よく「がん」は遺伝するものといわれますが、遺伝リスクの高いがんは、「大腸がん」「乳がん」「前立腺がん」の3つです。もし身内に大腸がんで亡くなる方が多ければ、自身も十分に注意する必要があります。

その他のがんの場合は、遺伝ではなく生活環境や私生活が原因であると考えられています。

胃がんにかんしては、国立がん研究センターの調査によると、圧倒的に問題となる調味料は「塩」であるという調査結果が出ています。


その他のがんにおいても、生活習慣の乱れからくるものが多く、がんに対する不安のある方は、まず私生活を見直すことから始めてみましょう。

がんの種類一覧
胃がん 肝臓がん 後腹膜腫瘍 腎がん 腎盂尿管がん 膵臓がん 大腸がん 胆道がん
肺がん 副腎がん 各骨軟部腫瘍 骨転移 甲状腺がん 食道がん 頭頸部がん 乳がん
陰茎がん 子宮がん 精巣がん 前立腺がん 膀胱がん 卵巣がん
肩こりの原因と解消法
知られざる医療白衣
全国の外科・整形外科を検索
入院費用・準備について
医療資格を取る
医療施設・病院で働く